仕事辞めたい速報

仕事を辞めたい貴方のための仕事や職業に関する2ch、おーぷん2chのまとめサイトです。

  • Twitter
  • RSS

    タグ:起業

    success or failure


    1: 海江田三郎 ★ 2016/12/10(土) 20:33:08.51 ID:CAP_USER
    http://japanese.china.org.cn/jp/txt/2016-12/08/content_39876457_3.htm
    韓国貿易協会国際貿易研究院は昨年、中日韓の若者の創業に関する報告書をまとめた。
    同調査によると、同じ首都圏の大学生であっても、卒業後に創業を希望する割合は
    中国が40.8%、韓国が6.1%、日本が3.8%となっている。おなじ東アジア諸国であり、文化・伝統にも多くの共通点があるにも関わらず、
    若者の創業への態度にこれほど大きな違いがあるのはなぜだろうか?

    中国人エコノミストの瞬雨氏は、「中国政府は『大衆創業・万衆革新』を力強く推進しており、
    中国の若者は創業はすばらしいことだと考えている。これにより、社会のブームが形成された。
    韓国と日本政府はこれをそれほど推進しておらず、助成策も多くない」と分析した。記者は取材を通じ、
    政府側以外の原因を目にした。生計を立てるのに忙しい韓国社会と、規則を重視する日本社会だ。

    (中略)

    創業を避ける理由
    なぜ創業しないのか?伊藤征樹さん(40)は2013年に創業を思い立ち、北京で日本の家庭料理を教える教室を開いた。
    伊藤さんは「規則を重視する日本では、通学、勤務、結婚、子育て、定年退職というレールが敷かれている。
    他人と異なることをすれば、おかしいと見られる。そのため日本の多くの若者は、創業という選択肢に思い至らない。
    両親は一生会社員で、創業者と接する機会がほとんどない。日本では、創業は危険なこととされている。
    頭のいい人が創業に成功しても、部下に創業を勧めることはなく、計画された仕事をしっかりやることだけを願う」と話した。

    「創業は危険」これは韓国KBSテレビの某番組が唱えた説かもしれない。同番組によると、
    中国の若者が創業に成功するまで「国と社会が許す失敗の回数」が2.8回であり、米シリコンバレーで
    創業する若者の失敗の回数と同等だという。日本は1回、韓国は1.3回。失敗できる回数が少なければ、挑戦できるチャンスが少なくなる。

    創業資金は、日本人の創業の難題となる。彼らはなかなか数百万円の融資を得られない。
    瞬氏は中国の状況について「若い世代の多くが甘やかされて育った一人っ子で、何をするにして
    も家族から支援を受けようとする。創業は金がかかる。ベンチャー投資はプロジェクトの成長期に介入しようとし、
    草創期の費用は自分で集めなければならない。若者は家族の支援がなければ困難だ」と指摘した。
    「2016年中国大学生就業報告書」のデータも、専門家の観点を裏付けている。2015年度卒業生の自主創業の資金は、
    両親・親戚・友人の投資、融資、個人の貯蓄が78%となっている。商業目的のベンチャーキャピタル、政府からの支援は5%未満と低い比率


    この記事の続きを読む

    1: 野良ハムスター ★ 2016/04/12(火) 12:55:04.47 ID:CAP_USER*.net
    依頼先には2人以上のチームで駆け付ける。現場に着くと、まず依頼者にあいさつと自己紹介。事前の打ち合わせを済ませているリーダーが、メンバーに対し作業の分担やひと通りの流れ、目標終了時刻を説明して作業に入る。

    段取りを確認したら、後は集中してただただ草をむしり、刈り取るだけ。草刈り機やねじり鎌、草かきなどの道具を駆使して、ひたすら庭をきれいにする。「どんなに広い現場でも1日で終わらせます」。庭などの草むしりや庭木の剪定(せんてい)などを行う会社「草むしり」(群馬県前橋市)代表の宮本成人さん(51)は胸を張る。

    世の中には、思いもよらない仕事が、起死回生の一手となることもある。宮本さんの草むしり会社は、まさにそんなケースだった。

    長野市の専業農家に生まれた宮本さんは、大学卒業後、地元に戻って就職。しかし、「少し嫌なことがあると、投げやりになって辞めていた」。気がつけば、約20年の間に8回も職を転々としていた。その間、転職先の関係で群馬県高崎市に引っ越し 、気が付くと43歳。「普通のサラリーマン人生を送るはずが、なんでこうなっちゃったんだろう」とがくぜんとした。8回の転職経歴は履歴書に書きにくい。お金もない。まさに“どん底”だった。

    そんな時、友人から誘われた植木屋のアルバイトで人生が変わった。それまで飲食業で働くことが多かったという宮本さん。植木の剪定という外で体を使う仕事は新鮮で、汗が心地よかった。「お庭がきれいになって、お客さまが喜んでくれて、お金ももらえる。すごくいいなあ」。生活のために嫌々始めた仕事だったはずが、アルバイトに行くのが楽しみになった。

    しかし、植木屋の仕事は年末にはほとんどなくなってしまう。再び職を失い落ち込む宮本さんに、友人がこうアドバイスした。

    「草むしりをしてみたら?」

    「43歳で手に職もないし資格もない。人脈もお金もない。人に使われるのも嫌。やるしかなかった」(宮本さん)。こうして、お隣の前橋市で草むしり会社を設立。2009年1月のことだった。

    当初の営業範囲は、関越自動車道の前橋インターから半径2キロ(現在は5キロ)に設定。道も町の名前も分からない中、毎日手作りのチラシをまき続けた。まずは自分を知ってもらおうと、チラシには顔写真やプロフィルを掲載。そうするうちにぽつぽつと依頼が寄せられるようになり、年末には目標の100件を達成した。

    とはいえ、軌道に乗せるのは簡単ではない。100件の顧客が、次も頼んでくれる保証はない。収入も低い。「先が見えない中、果たしてこれで生活できるのか、とすごく不安だった」という。

    不安が解消されたのは3年後。顧客は約400件に増え、「これはいける」と確信した。草むしりで困っている人はたくさんいて、リピート率は約90%になっていた。それからは毎年約100人ずつ顧客が増えていき、現在では約700件に上る。(>>2に続く)

    この記事の続きを読む

    働きたくないお金はほしい当たり前だ


    1: 名無しさん@おーぷん 2015/11/08(日)21:31:55 ID:mT1
    脱サラして今フリーなんだ!資金は無いぜ!
    一発逆転出来る名案を頼むぜ!
    出来そうなのがあればバンバンやっていくぜ!!

    2: 名無しさん@おーぷん 2015/11/08(日)21:34:02 ID:B1b
    とりあえずハローワーク

    3: 名無しさん@おーぷん 2015/11/08(日)21:34:48 ID:mT1
    >>2
    雇われるの疲れた……。
    単身でやれる奴で頼むよ・・・・・・。

    6: 名無しさん@おーぷん 2015/11/08(日)21:51:37 ID:Ujo
    そんなものあったらみんなやってる

    8: 名無しさん@おーぷん 2015/11/08(日)21:53:18 ID:mT1
    明日ロト7買うぜ
    来週の土日に競馬やってみるぜ!

    >>6 そんな寂しい意見は結構だぜ!

    この記事の続きを読む

    newlife

    1: 名無しさん@おーぷん 2014/10/11(土)21:54:19 ID:t8RaUhskd

    スペック
    26歳(♂)
    学歴:Fラン大学卒
    職歴:大学卒業して3流メーカー就職(1年で退職)→広告代理店営業に転職(1年で退職)→起業

    上司が糞すぎてそいつの下で働くのがあほらしくなって去年退職。
    今となってはきっかけになってくれたことに感謝しかない。
    貯金してた300万円を元手に(といっても使ったのは100万円ほど)起業。
    収入は先月ようやく70万円を達成。
    需要あるかわからんが適当にやってること書いていく。
    何か質問とかあったら合間に答えていくんで興味ある人はどうか見ていってください!
    特定につながるものや画像うpはしませんのであらかじめ。

    2: 名無しさん@おーぷん 2014/10/11(土)21:54:52 ID:DcjkNtVg9
    以上です。ありがとうございました

    3: 名無しさん@おーぷん 2014/10/11(土)21:55:40 ID:jD01rS9zo
    どういたしまして

    4: Awn◆Awn/Awn/W615 2014/10/11(土)21:56:09 ID:7Xr2wnF4e
    すごいじゃーん
    終わり

    5: 名無しさん@おーぷん 2014/10/11(土)21:56:34 ID:2tzx07Ltz
    IT?

    7: 名無しさん@おーぷん 2014/10/11(土)21:57:09 ID:t8RaUhskd
    まぁ聞いてくれよ。友達少ないんだよ。

    >>5
    そんな高尚なもんじゃないwww

    3流メーカーは毎日7時~23時、残業代無しの超絶ブラックだったが、
    過酷な環境に身を置くことで膨大な仕事量をこなす思考能力が養われたし、
    自社のネットショップの運営でWEB関係の知識を一通り勉強することができた(と思うw)
    広告代理店では営業のスキルを徹底的に磨き上げられたし、
    元々向いていたのかもしれんが入社3か月でぶっちぎりのトップ営業マンになれた。

    入社して1年が経とうとしていた日、ふと気づいた。
    なんで俺は誰よりも良い営業成績なのに1番下っ端なのだろう、と。
    企業風土にもよるだろうけど基本的に日本の会社の多くは年功序列で、
    どんなに頑張っても「先に入社した」というだけで絶対的な序列が生まれる。
    サー残や休日出勤、顧客からのクレームならまだ耐えられるが、
    仕事のできない(というより本気でやってない)やつに上に立たれることがどうしても我慢できずに、
    思いついた翌日に退職届を提出して翌月に退社した。



    この記事の続きを読む

    1: 名無しさん@どっと混む 2012/08/16(木) 23:36:22.24 ID:aHHq/6Jk0

    昔からの夢を叶えたい!
    じゃなくて、
    今の職場から逃げたい!
    っていう後ろ向きな理由で起業したいんだが、アドバイス欲しい。

    頑張るのはいいけど、ストレスはあまり感じたくない!
    金持ちになりたい訳じゃなく、普通の生活をストレス少な目で生きたい!

    資本ほぼ0なら、IT系かサービス系かなぁ、くらいにしか考えられてないんだが、俺の将来についてちょっと妄想してみようよ




    この記事の続きを読む

    このページのトップヘ

    アクセスランキング