仕事辞めたい速報

仕事を辞めたい貴方のための仕事や職業に関する2ch、おーぷん2chのまとめサイトです。

  • Twitter
  • RSS

    タグ:結婚

    リア充爆発しろ


    1: 名無しさん@おーぷん 2017/08/24(木)21:39:12 ID:ZU6
    まじでどうしよう…

    2: 名無しさん@おーぷん 2017/08/24(木)21:39:54 ID:u7E
    パパおめでとう

    3: 名無しさん@おーぷん 2017/08/24(木)21:40:00 ID:lU5
    冬のボーナスで示談金を捻出

    5: 名無しさん@おーぷん 2017/08/24(木)21:41:09 ID:Agw
    ベイビー「パッパよろしくニキwwww」

    6: 名無しさん@おーぷん 2017/08/24(木)21:41:13 ID:ZU6
    今日知らされた

    ちなみにスペック

    >>1    男 19歳 高卒 男子校のノリ
    >>1の同期 女 22歳 大卒 かわいい  
           

    この記事の続きを読む

    超ひも理論


    1: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2016/04/10(日) 18:25:01.544 ID:vl1BMFt0d.net
    まさかね・・・・・・・・・・・・・

    2: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2016/04/10(日) 18:25:46.427 ID:79MPmvN/0.net
    そのまさかだよ 
    行ってこいwww

    4: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2016/04/10(日) 18:25:57.821 ID:vaX+BYVR0.net
    まさに金?

    6: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2016/04/10(日) 18:26:16.785 ID:iziQ3pA80.net
    おまえにはお似合いだよ

    8: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2016/04/10(日) 18:27:34.321 ID:vl1BMFt0d.net
    嫌だよ 
    女 38歳 
    俺 26だぜ? 
    これからもっと輝かしい未来が待ってんだろ?

    11: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2016/04/10(日) 18:28:33.986 ID:7OqqOB4D0.net
    >>8 
    頭がな

    12: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2016/04/10(日) 18:28:56.395 .net
    >>8 
    身勝手なやつだな 
    お前は金目当てのくせに

    この記事の続きを読む

    お断りします


    1: 海江田三郎 ★ 2016/04/03(日) 11:07:33.13 ID:CAP_USER.net

    「何としても、正社員にならないといけない。最近焦りを感じる」。25歳の木下徹さん(仮名)はそう言う。
    木下さんは東京都内の私立大学を卒業し、現在は建設現場の派遣作業員だ。
    建設作業員の仕事は、学費を捻出するために学生時代に始めた。大学院進学を断念し、就活にも失敗した後
    、なし崩し的に本職になった。手取り月収は16万円前後。「正社員になった同級生も、手取りでは大差ない。
    現場には人間関係のストレスもないから、決して悪い仕事ではない。不満は意外とない」。それでも木下さんが
    正社員になりたい理由のひとつは、2年前から交際している同年代の彼女の存在だ。

    「正社員になりたくないの?」
    「ねえ、転職しないの?正社員になりたくないの?」
    彼女は最近、そう木下さんに聞くようになったという。収入は変わらない、自分は今の仕事が好きだ、などと答えると、
    「たとえ収入が低くても正社員のほうが真面目に働いているようにみえる。うちの親も、木下君は大丈夫かって心配しているし……」と言うのだ。

    「彼女も派遣、彼女の親も不安定な自営業。それでも彼氏は正社員のほうがいいってこと」。
    年齢的にまだ彼女と結婚したいわけではないが、まずは正社員にならなければ“いろいろとヤバイ”ような気がしている。

    木下さんの焦燥感は、決して杞憂ではないだろう。データを踏まえると、木下さんがこのまま派遣作業員を続けたなら
    、中高年になっても独身のままである可能性が高いのだ。
    日本の生涯未婚率(50歳時点で1度も結婚をしたことのない人の割合)は、上昇の一途だ。
    1970年は男性が1.7%、女性が3.3%だったが、2010年にはそれぞれ20.1%、10.6%に上昇、
    さらに35年には男性の3人に1人、女性の5人に1人が生涯未婚になると予想されている(国立社会保障・人口問題研究所のデータ)。

    非正規男性の有配偶率は低い
    誰が結婚できていないのか。ざっぱくにいえば、それは非正規雇用の男性だ。
    総務省の労働力調査によると30~34歳男性の有配偶率は正社員なら6割に達するが、
    非正規は3割を切り、中高年に差し掛かる45~49歳でも4割強にとどまっている。
    結婚するかしないかは、もちろん個人の自由だ。未婚者の中には事実婚を選んだ人や、
    自らの意思で生涯独身を貫く人もいる。だからこそ、雇用を含む何らかの属性が理由で「結婚したいけれどできない」
    人が少なからずいるのなら問題だ。上昇する生涯未婚率は、日本社会の何を物語っているのか。その未来には何があるのだろうか。

    この記事の続きを読む

    ジャイアンの母ちゃん


    1: 砂漠のマスカレード ★ 2015/07/29(水) 07:02:22.03 ID:???*.net
    テレビ界屈指の美人キャスターである山岸舞彩さん(28)が30代の一般男性と結婚し、芸能界から引退することが明らかになりました。
    日本テレビの看板番組、NEWS ZEROのキャスターを務め、人気まっただ中のなかの結婚と芸能界引退。
    突然の報道に世間の注目を集めています。

    これまでは結婚を機に寿退社をし、家庭に入る女性が多くいましたが、最近では結婚後も仕事を続ける女性が増えています。
    若くして知名度とキャリアを積んでいる山岸アナウンサーを思うと、引退をしてしまうのはもったいなく感じてしまいますよね。
    実際に、結婚を機に会社を辞め、専業主婦になりたいと考える女性はどれくらいいるのでしょうか?

    ◆3人に1人が「本当は専業主婦になりたい」
    ソニー生命保険株式会社が2015年2月、20~60歳の女性を対象に行った「女性の活躍に関する調査」のなかでは、
    働く女性のうち「本当は専業主婦になりたい」と回答したのは33.4%。約3人に1人の女性が、働きながらも専業主婦を希望していることがわかります。
    年代別にみてみると専業主婦に憧れをもつ女性は20~30代に多く、20代では41.8%、30代では43.3%と4割を超える女性が専業主婦を希望しています。
    いったいなぜ、専業主婦になりたいのでしょうか?

    ◆20~30代女性が専業主婦になりたいワケ
    結婚や出産後に仕事を続けることは、女性にばかり負担がかかり難しいと言われています。
    2015年5月に株式会社キャリアデザインセンターが20~30代の女性を対象に行った「働く女性の仕事に関するアンケート調査」によると、
    専業主婦になりたい理由について次のような意見があげられました。

    「母親が専業主婦だったのでそうなりたい」(30歳/受付)
    「忙しすぎる毎日に疲れ果てた……」(30歳/総務・人事)

    共働き家庭が片働き家庭を上回ったのは1997年のこと。そう考えると今の20~30代は、専業主婦の母親に育てられた人が半数以上になります。
    専業主婦の母親の姿をみて育った場合、自身も母親のようになりたいという憧れを持つようです。
    また、仕事を辞めたい、働きたくないといった理由から専業主婦を希望する女性も一定数存在します。
    一方で、次のような理由から専業主婦になりたくないと考える女性もいます。

    「相手に何かあったとき、金銭的にも精神的にも相手を支えたいし、自分の身は自分で守りたい」(27歳/営業事務)
    「生活費を自分以外の人に頼るのは現実的ではないから。リスクが大きすぎる」(34歳/営業関連職)

    離婚や夫が失業したときのリスクをふまえ、働き続けることを選ぶ堅実な女性もいます。
    経済的な理由や、今後のことを考えると専業主婦はリスクが高いと感じている人も多いことがわかります。

    ◆働く女性より、専業主婦の満足度のほうが高い
    前述した「女性の活躍に関する調査」のなかで、現在の生活への満足度を調査したところ、
    専業主婦の61.3%が「現在の生活に満足している」と答えているのに比べ、働く女性では48.7%と大きく下回っています。
    これは、働く女性の家事や育児の負担が大きいことが要因として挙げられます。
    自分の代わりに誰かがやってくれるととても助かると思うものについては、「掃除」が44.3%、「炊事」が38.1%とツートップが並びます。
    さらに、女性が職場で働くために必要だと思うことの質問では、有職者の女性の67.5%が「休暇がとりやすい職場環境」、54.3%が「家族の協力」と答えています。
    女性が家庭と仕事を両立するためには、家族や社会の理解が必要不可欠なことがわかりますね。


    同調査のなかでは、専業主婦のうちの約3割は「働きたい」と回答していることもわかっています。
    とはいえ、「育児後の再就職が厳しい」「家事と仕事を両立するのが難しい」などの理由から断念しているようです。
    仕事だけでなく家事や育児、そこに介護なども加われば女性の負担は想像以上に大きなものになります。
    もしかすると、働く女性が「専業主婦になりたい」と望むのは、「家庭と仕事を両立できる環境が整っていないから」という原因が大きいのかもしれません。

    参考:女性の活躍に関する調査2015(http://www.sonylife.co.jp/company/news/26/nr_150326.html

    Mocosuku Woman 7月28日(火)13時0分配信

    関連スレ
    【話題】一緒に家計を支えてくれ! 約9割の男性が「結婚後も彼女に仕事を続けてほしい」 ★5

    2: 名無しさん@1周年 2015/07/29(水) 07:03:20.86 ID:tBCT5Ebz0.net
    女にやらせる仕事なんて所詮 やりがいのない単純作業ばかりだから 
    イヤになるんだろう。

    313: 名無しさん@1周年 2015/07/29(水) 08:04:58.85 ID:j7n5UQhE0.net
    >>2 
    ま、仕事のせいにするとか 
    女は自分以外のせいにするやつが多いよね。 

    男はそもそも働かないという選択肢がないから、そんなこと出来ないし(笑)

    724: 名無しさん@1周年 2015/07/29(水) 09:27:49.04 ID:zZKw2Dfy0.net
    >>2 
    男の仕事でやりがいのない単純作業じゃない仕事ってどれくらい有るんだ?

    この記事の続きを読む

    結婚は人生の墓場


    1: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2015/05/09(土) 14:35:14.17 ID:biJRqGg00.net
     手取りは月40万円弱。22平方メートルの手狭なワンルームマンションの家賃は約8万円で、最低限の自炊に
    よって食費は3万円程度に抑える。光熱費も1万円ほど。友人とのカラオケ代は惜しまないが、服装は大手衣料
    チェーンでそろえ、貯金は200万円を超えた。

     学生時代に1年ほど女性と交際した経験があり、異性に関心がないわけではない。「だけど、子どもができれば
    養育費や教育費もかかるし、やっぱり結婚したいとは思わない」


    毎日新聞は俸給表みてから飛ばし記事かけや

    2: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2015/05/09(土) 14:35:47.09 ID:KhaoouWQ0.net
    26で40万はないです

    4: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2015/05/09(土) 14:37:15.70 ID:FupcfYg30.net
    ニートの君に教えとくが公務員は若い頃給料高くないんやで

    5: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2015/05/09(土) 14:37:18.89 ID:Q1EUlt7i0.net
    繁忙期に残業代全額出てもそんなにもらえん

    7: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2015/05/09(土) 14:38:09.99 ID:l6S2pYho0.net
    手取りと支出の割に貯金が少なすぎるだろ

    9: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2015/05/09(土) 14:38:13.86 ID:/viRNFtVp.net
    手取り40って事は額面50やね 
    それなら公務員になってもよかったな 

    ま、無理だろうけど

    この記事の続きを読む

    現実は厳しいですね


    1: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2015/04/19(日) 14:39:20.77 ID:8JB/v19L0.net
    ■パートナーに求める年収、男性の半数以上が「特にこだわりなし」、一方、女性の7割以上が相手の年収にこだわり、
    平均年収640万円を希望

    パートナーに求める年収は、男女で顕著に異なる結果となった。「特にこだわりはない」と回答した割合は、
    男性の半数以上の57%だったのに対し、女性はわずか27%にとどまった。
    また、男性では500万円未満と回答した割合が36%なのに対し、女性は29%が500万円未満を選択した。
    さらに、男性で500万円以上を選択した割合が7%なのに対し、女性は43%の人が500万円以上の
    年収を希望している。
    女性がパートナーに求める年収平均は、640万円という結果になった。共働き家庭が主流になってきている今日でも、
    お金がある男性と付き合いたい女性が多いことが分かる。


    2: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2015/04/19(日) 14:39:59.53 ID:s/dTcYS5a.net
    身の程をわきまえた方がいい

    41: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2015/04/19(日) 14:52:45.66 ID:BP0LJIqP0.net
    >>2 
    こいつは誰にも相手にされなさそう

    3: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2015/04/19(日) 14:40:11.20 ID:Ks7avV2V0.net
    当然やろ 
    自分が女だったら金持ちと結婚して楽したいと思うやろ

    この記事の続きを読む

    このページのトップヘ

    アクセスランキング