仕事辞めたい速報

仕事を辞めたい貴方のための仕事や職業に関する2ch、おーぷん2chのまとめサイトです。

  • Twitter
  • RSS

    タグ:経営

    無能


    1: 名無しさん@おーぷん 2017/08/11(金)17:13:52 ID:j9r
    欧米諸国と比較したいなら相応の設備を揃えてから言ってくれ
    因みに設備のプレゼンはすでに完了している

    2: 名無しさん@おーぷん 2017/08/11(金)17:14:57 ID:j9r
    費用対効果やもろもろの説明も終了
    しかし首を縦ににふらない経営陣

    3: 名無しさん@おーぷん 2017/08/11(金)17:15:26 ID:uU8
    人件費きってコストダウンするのが一番手っ取り早いから

    6: 名無しさん@おーぷん 2017/08/11(金)17:16:27 ID:j9r
    >>3
    それは理解しているが、人あってこそじゃないのかと

    4: 名無しさん@おーぷん 2017/08/11(金)17:15:45 ID:dkX
    一番削りやすい固定費だからね

    9: 名無しさん@おーぷん 2017/08/11(金)17:17:21 ID:j9r
    >>4
    一番削ってはいけないと思うのは愚鈍だからだろうか

    この記事の続きを読む

    山本五十六

    1: Hi everyone! ★ 2014/08/10(日) 13:50:46.77 ID:???.net

    ソース(MSN産経ニュース) http://sankei.jp.msn.com/west/west_economy/news/140810/wec14081012000002-n1.htm
    写真=カネテツデリカフーズが導入した新入社員指導員制度。指導役の先輩社員と新入社員が、毎月話し合って業務目標を立てる
    no title


     大卒者の入社3年以内の離職率が3割強(厚生労働省調べ)と若者の会社への定着率低下が指摘されている。景気回復で人手不足
    が強まるなか、企業にとって人材確保と育成は切実な問題だ。食品製造のカネテツデリカフーズ(神戸市)は、すべての新入社員に
    数年だけ先輩の若手社員を“マンツーマン”で教育・相談係として張り付け、効果をあげている。人間関係が希薄化しつつあるとされる
    現代で、濃厚な指導態勢が同社にもたらしたものとは-。

    ■マンツーマンでつくる目標

     「製造予定表を確認して業務ができたと思うのですが」「商品名はしっかり把握していってね」

     7月上旬、カネテツの会議室。新入社員と指導を担当する先輩社員の全員が集まり、前月に立てた目標の達成状況を振り返っていた。
    毎月行われる新人と先輩社員の全体会議の様子だ。

     会議では目標の達成具合を確認。次の1カ月間の目標を立て、業務に取り組む。目標を立てる項目は業務態度や技能・技術から、
    工場内での安全対策に関することまでさまざま。会社から目標設定についての指定はなく、新人と先輩が共同で目標をつくるのが
    特徴だ。

     指導役は新人と同じ部署に所属し、原則2~3年先輩の社員を会社側が選ぶ。品質保証部の新入社員、高殿晃平さん(24)は
    「時間をかけてじっくり話し合うので記憶に残る。年齢の近い先輩に、今の段階で身に付けるべきことを教えてもらえるのでよくわかる」
    と話す。

     新人にとって、日々の業務で発生する疑問点の解決で頼りになるのは、担当の先輩だ。高殿さんは「困ったことがあると、思わず
    先輩を探す。忙しいなかでも手を止めて話を聞いてくれるのがうれしい」。高殿さんの指導役、飯田満喜子さん(31)は「なるべく
    話しかけやすい雰囲気をつくろうと心がけている」と話す。

    ■離職率が劇的に低下

     カネテツのマンツーマン指導「新入社員指導員制度」は平成17年に始まった。きっかけは新人の離職率の増加だ。平成12年以前は、
    入社3年以内に半数が退職した年もあったという。

     原因は何か-。探るうちに、現場での新人への技能伝承不足、コミュニケーション不足が浮かび上がったという。

     経営合理化で人員を絞りこみつつあるなか、現場の余裕は少ない。一方で若者の気質も変化している。「かつて製造現場では
    『仕事は見て覚えろ』だったが、今は違う。新人を配属したら終わりではなく、体系的に育成していかなければ」と人事総務課の
    宮田健一課長。毎年の新入社員数が10~20人と小規模であることも、マンツーマン教育を導入しやすい環境になっている。

     宮田課長は「入社後半年で会社になじむと、その後の会社生活がスムーズにいきやすい。半年間で慣れてくれれば」とする。

     ここ数年の離職率は数%程度。劇的な改善だ。

    >>2以降に続く)




    この記事の続きを読む

    このページのトップヘ

    アクセスランキング