仕事辞めたい速報

仕事を辞めたい貴方のための仕事や職業に関する2ch、おーぷん2chのまとめサイトです。

  • Twitter
  • RSS

    タグ:女性

    頭を抱える人


    1: かばほ~るφ ★ 2016/04/05(火) 11:21:54.63 ID:CAP_USER*.net
    「霞が関に言いたい!」女性町職員SNSで不平
    2016年04月05日 07時14分

    千葉県東庄町の係長を務める女性職員が3月、自身のフェイスブックに仕事の不平、
    不満を投稿していたことが4日、わかった。

    町は「言葉が粗雑で乱暴。町民に嫌な思いをさせることは、公務員としてあるべき姿ではない」と問題視し、
    今後、職員から事情を聞く。

    町総務課などによると、職員は3月まで、まちづくり課の係長だった。同課の担当は農畜産業振興など。
    3月14日夜の投稿はローマ字の実名で行われ、「今日すごーくアッタマきて」で始まり、
    「商品宣伝したら、勝手に宣伝しないで だってさ」と書かれていた。

    同町で盛んな養豚について「匂いは出るし補助金使うし大変」とも言及。
    「霞が関に言いたい!六次化政策なんかあり得ないからなー」とも書かれていた。

    町は4日午前、読売新聞の取材を受けて事態を把握した。
    閲覧可能だった投稿は、4日午後、閲覧できなくなった。職員は1日付で町の教育委員会に異動した。

    YOMIURI ONLINE

    この記事の続きを読む

    まさに外道


    1: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/11/12(木) 23:32:42.502 ID:bGDeXO6V0.net
    それが嫌なら最初から正社員になれや

    2: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/11/12(木) 23:33:29.135 ID:w9cb9ToJa.net
    せやな 
    何の為の契約社員だよ

    3: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/11/12(木) 23:33:59.975 ID:ltOqBsXVd.net
    正規でもおかしい

    4: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/11/12(木) 23:34:01.485 ID:reC7JRmp0.net
    まあその通りだけどそら少子化になるわなという社会なのも事実

    10: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/11/12(木) 23:35:17.932 ID:dAYGNiaL0.net
    >>4 
    今よりずっと男尊女卑な時代に人口爆発してる現実

    16: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/11/12(木) 23:37:50.538 ID:reC7JRmp0.net
    >>10 
    むしろ男尊女卑だからでしょ 
    変に男女平等社会になってるから人口は減る 
    だったら社会保障をなんとかしていかないと

    この記事の続きを読む

    ジャイアンの母ちゃん


    1: 砂漠のマスカレード ★ 2015/07/29(水) 07:02:22.03 ID:???*.net
    テレビ界屈指の美人キャスターである山岸舞彩さん(28)が30代の一般男性と結婚し、芸能界から引退することが明らかになりました。
    日本テレビの看板番組、NEWS ZEROのキャスターを務め、人気まっただ中のなかの結婚と芸能界引退。
    突然の報道に世間の注目を集めています。

    これまでは結婚を機に寿退社をし、家庭に入る女性が多くいましたが、最近では結婚後も仕事を続ける女性が増えています。
    若くして知名度とキャリアを積んでいる山岸アナウンサーを思うと、引退をしてしまうのはもったいなく感じてしまいますよね。
    実際に、結婚を機に会社を辞め、専業主婦になりたいと考える女性はどれくらいいるのでしょうか?

    ◆3人に1人が「本当は専業主婦になりたい」
    ソニー生命保険株式会社が2015年2月、20~60歳の女性を対象に行った「女性の活躍に関する調査」のなかでは、
    働く女性のうち「本当は専業主婦になりたい」と回答したのは33.4%。約3人に1人の女性が、働きながらも専業主婦を希望していることがわかります。
    年代別にみてみると専業主婦に憧れをもつ女性は20~30代に多く、20代では41.8%、30代では43.3%と4割を超える女性が専業主婦を希望しています。
    いったいなぜ、専業主婦になりたいのでしょうか?

    ◆20~30代女性が専業主婦になりたいワケ
    結婚や出産後に仕事を続けることは、女性にばかり負担がかかり難しいと言われています。
    2015年5月に株式会社キャリアデザインセンターが20~30代の女性を対象に行った「働く女性の仕事に関するアンケート調査」によると、
    専業主婦になりたい理由について次のような意見があげられました。

    「母親が専業主婦だったのでそうなりたい」(30歳/受付)
    「忙しすぎる毎日に疲れ果てた……」(30歳/総務・人事)

    共働き家庭が片働き家庭を上回ったのは1997年のこと。そう考えると今の20~30代は、専業主婦の母親に育てられた人が半数以上になります。
    専業主婦の母親の姿をみて育った場合、自身も母親のようになりたいという憧れを持つようです。
    また、仕事を辞めたい、働きたくないといった理由から専業主婦を希望する女性も一定数存在します。
    一方で、次のような理由から専業主婦になりたくないと考える女性もいます。

    「相手に何かあったとき、金銭的にも精神的にも相手を支えたいし、自分の身は自分で守りたい」(27歳/営業事務)
    「生活費を自分以外の人に頼るのは現実的ではないから。リスクが大きすぎる」(34歳/営業関連職)

    離婚や夫が失業したときのリスクをふまえ、働き続けることを選ぶ堅実な女性もいます。
    経済的な理由や、今後のことを考えると専業主婦はリスクが高いと感じている人も多いことがわかります。

    ◆働く女性より、専業主婦の満足度のほうが高い
    前述した「女性の活躍に関する調査」のなかで、現在の生活への満足度を調査したところ、
    専業主婦の61.3%が「現在の生活に満足している」と答えているのに比べ、働く女性では48.7%と大きく下回っています。
    これは、働く女性の家事や育児の負担が大きいことが要因として挙げられます。
    自分の代わりに誰かがやってくれるととても助かると思うものについては、「掃除」が44.3%、「炊事」が38.1%とツートップが並びます。
    さらに、女性が職場で働くために必要だと思うことの質問では、有職者の女性の67.5%が「休暇がとりやすい職場環境」、54.3%が「家族の協力」と答えています。
    女性が家庭と仕事を両立するためには、家族や社会の理解が必要不可欠なことがわかりますね。


    同調査のなかでは、専業主婦のうちの約3割は「働きたい」と回答していることもわかっています。
    とはいえ、「育児後の再就職が厳しい」「家事と仕事を両立するのが難しい」などの理由から断念しているようです。
    仕事だけでなく家事や育児、そこに介護なども加われば女性の負担は想像以上に大きなものになります。
    もしかすると、働く女性が「専業主婦になりたい」と望むのは、「家庭と仕事を両立できる環境が整っていないから」という原因が大きいのかもしれません。

    参考:女性の活躍に関する調査2015(http://www.sonylife.co.jp/company/news/26/nr_150326.html

    Mocosuku Woman 7月28日(火)13時0分配信

    関連スレ
    【話題】一緒に家計を支えてくれ! 約9割の男性が「結婚後も彼女に仕事を続けてほしい」 ★5

    2: 名無しさん@1周年 2015/07/29(水) 07:03:20.86 ID:tBCT5Ebz0.net
    女にやらせる仕事なんて所詮 やりがいのない単純作業ばかりだから 
    イヤになるんだろう。

    313: 名無しさん@1周年 2015/07/29(水) 08:04:58.85 ID:j7n5UQhE0.net
    >>2 
    ま、仕事のせいにするとか 
    女は自分以外のせいにするやつが多いよね。 

    男はそもそも働かないという選択肢がないから、そんなこと出来ないし(笑)

    724: 名無しさん@1周年 2015/07/29(水) 09:27:49.04 ID:zZKw2Dfy0.net
    >>2 
    男の仕事でやりがいのない単純作業じゃない仕事ってどれくらい有るんだ?

    この記事の続きを読む

    1: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2015/07/11(土) 02:22:25.61 ID:DJG75RyO0.net
    ファーwwwww
    no title

    3: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2015/07/11(土) 02:22:48.40 ID:DJG75RyO0.net
    ひえ~

    4: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2015/07/11(土) 02:22:59.03 ID:jBxnZxCma.net
    これ自分でわかっとるんやろか

    9: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2015/07/11(土) 02:23:14.89 ID:DJG75RyO0.net
    >>4 
    案外わかってないかもね 
    勉強しかしてないと

    5: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2015/07/11(土) 02:23:08.88 ID:7jtLG2FB0.net
    超エリートなら海外に行くんだよなあ

    13: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2015/07/11(土) 02:23:52.16 ID:DJG75RyO0.net
    >>5 
    え?ほんとに?

    6: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2015/07/11(土) 02:23:09.92 ID:K56hxKWQ0.net
    残念だが当然

    7: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2015/07/11(土) 02:23:11.20 ID:M/EKCXEQp.net
    やっぱ顔なんすね

    この記事の続きを読む

    なんか臭くね?


    1: 名無しさん@おーぷん 2015/07/02(木)01:12:27 ID:z5l
    極力人と関わらない仕事とかないかな

    2: 名無しさん@おーぷん 2015/07/02(木)01:12:41 ID:kUF
    シロアリ退治

    7: 名無しさん@おーぷん 2015/07/02(木)01:17:08 ID:z5l
    >>2
    虫は苦手なんだ・・・

    3: 名無しさん@おーぷん 2015/07/02(木)01:13:11 ID:xYO
    下げ屋

    5: 名無しさん@おーぷん 2015/07/02(木)01:15:55 ID:z5l
    >>3
    そんな仕事あるんだね

    4: 名無しさん@おーぷん 2015/07/02(木)01:13:30 ID:hsQ
    ワキガは外出すんなよ

    6: 名無しさん@おーぷん 2015/07/02(木)01:16:31 ID:z5l
    >>4
    大学の授業以外はしてないよ

    この記事の続きを読む

    笑う女豹


    1: 海江田三郎 ★ 2015/05/05(火) 11:39:03.24 ID:???.net
    ワーキングマザーの92%が、出産前より仕事への意欲が上昇しているんだそうだ。(http://www.huffingtonpost.jp/enjapan/working-mother_b_5482139.html)

    ワーキングマザー(以下WM)は仕事にも意欲的で、前向きに頑張っているんだそうだ。その姿を見る女性社員の69%が、
    WMになりたいと答えているそうだ。ふーん。
    「本当でしょうか? 捏造ではと思うほど、私の周りには、疲弊している人が多いのに……」と、あるWMは不信感を滲ませる。
    この数字はWMたちの気持ちを盛り上げようとしてくれているのかもしれないし、
    世間の非WM社員に「もっと分かってあげて」と理解を求めているのかもしれない。
    「でも当事者としては、『女性の活用』という言葉を武器に、産めよ働けよと焚き付けられた挙げ句、
    みんな楽しくやる気に満ちてますよ、毎日悶々としながら疲労困憊なのはあなただけかもよ?
    みたいな感じで突き放されている感じがします……」そのWMは疲れた表情でうつむいた。

    「……私の単なる被害妄想でしょうか」。
    いいえ、被害妄想なんかじゃありません。実際、日本はあるとき突然「女性の活用」と口走って、
    ホラホラ楽しいWMライフ、キラキラ素敵なWMライフ、と太鼓叩いて盆踊りを始めたんです。
    そこに放り込まれた当事者たちの「もう疲れた」「少し休みたい」の声は、大きな太鼓の音にかき消されてしまっているんですよ。
    踊るための舞台ばかりどんどん設営されるのに、一息つくための場所がない。
    そして、踊らされ続けるWMたちの姿を遠巻きに眺める観客たちは、中には苦虫を潰したような顔で見ているものもいる。
    「まだまだ、もっと踊れるでしょう!」と檄を飛ばしにくるのもいる。「母親のくせに」と、子育てイコール母親のパラダイムのまま説教しにやってくるのも、
    まだいる。WMを取り巻く環境は、まだまだ全く整備なんてされちゃいないのだ。
    日本のWMを取り巻く環境は、変わりつつはあるが、変わらない部分の方が依然広い面積を占める。
    政策が走り社会が変わる過渡期に起こる摩擦の圧力が向かう先は、当事者であるWMだ。その彼女たちが、いま疲れ果てている。
    約15年前、私が小さい子どもを育てながら仕事を探し始めたとき、まだ「ワーキングマザー」なんて言葉さえ日本には浸透していなかった。
    そんな頃、言った本人にははるか忘却の彼方だろうが、言われた私はまるで狸のようにしつこく覚えている言葉がある。

    「えっ、小さい子がいるの。なぁんだ、あなたワケありですか」
    よくスーパーの暗くて湿った片隅とかにあるじゃないですか。「ワケあり商品のため値下げ」って書かれた雑多な商品が雑に放り込まれたワゴン。
    箱なしだったり傷モノだったり、取り扱い終了のためだったり。
    そうかぁ。子持ちで働く女は「ワケあり」扱いかぁ。そんなこと口走る種類の男にとっては、働く女は未婚か非子持ちであるべきで、
    子持ちなら大人しく専業主婦におさまっておくべきなのだろう。そうじゃない女は「稼がないといけない」生活事情にワケありか、
    「専業主婦におさまっていられない」性格にワケありか、まぁとにかく「まともじゃない」んだ。ワケあり、要は箱ナシで傷モノで取り扱い終了商品だ。

    予想外の理不尽に少々ショックを受けて、その頃黎明期だったネットのWM掲示板を開いて眺めていた。
    そこは毎夜のように、自分のように悔しい思いをしている女たちの声がたくさん書き込まれていた。
    今より遥かに保育所なんて少ない時代、どの会社でも長時間職場にいればいるほど社へ貢献していると評価される時代、
    小さい子どもを抱えて仕事を探しても、鼻であしらわれる母親たちがいた。子どもを保育園に預け限られた時間で働くことをあっちからも
    こっちからも自分勝手だとなじられ、悩む母親たちがいた。子どもの体調で欠勤したり早退したりすることで、
    周囲に子どもにも迷惑をかけている、と自分を責める母親たちがいた。

    2: 海江田三郎 ★ 2015/05/05(火) 11:39:10.72 ID:???.net
    男社会の中、「年増の女が一緒の職場で働いてるってのが既に鬱陶しいのに、さらに子持ちだなんて、おぉ非常識。 
    家で大人しく子どもの面倒見てろよ、まともな仕事もできなきゃ子育てもしてねークセに。ダンナは何やってんだダンナは」って 
    な扱いを受けて歯ぎしりしながら働いてる女たちがたくさんいた。 
    彼女たちもまた、世間から「ワケあり」扱いされていた。会社でも、子育ての場でも、同僚からも上の世代からも下の世代からも。 
    保育所への入所基準が「保育に欠ける」と表現されることに、みんなとても怒っていた。 
    「母親が仕事をしているということは、日本社会においては欠損扱いなのか」と、能力の高い人や、専門職の人もみな怒り、傷ついていた。 

    働く母親がそんなふうに扱われていた時代から15年、社会は手のひらを返してWMを応援し始めた。 

    「結婚出産後も女性が仕事を続けるのは当然ですよ」 
    「そうじゃない社会なんて先進国じゃ日本くらいですよ」 
    「日本社会は女性の活力を求めているんです」 
    「みんな楽しくやる気にあふれて意識高くて、ホラ今日も太陽がサンサンと降り注ぐアナタの満ち足りた素敵なワークライフバランス!」 
    的な? 

    どの口が言うのさwwwwよく言うわウケるっつーのwww 
    かつて「仕事も子育ても中途半端」って働く女を責めたのが、突如「ワークライフバランス」って呼んで 
    「女性の活力を国家の経済成長戦略に組み込み」始めた日本社会バンザイ! 
    おっと、ついまた毒が漏れちゃったわ。いやいや、ベクトルは間違っちゃいない。 
    それどころかそれを推進する本人たちは正義だと信じているんだと思う。 
    でも、当の若いWMたちがすっかり疲弊してクタクタになっているのを見逃しちゃいけない。 
    「頑張れ、もっと頑張れ、応援するから頑張れ」と言うのなら、彼女たちがクタクタに疲弊している理由をよく観察して考察して、 
    制度的にも、文化的にもまだ彼女たちの「ワークライフバランス」を受け止め切れていない現状を反省しなきゃいけない。まだだ。まだ全然足りない。 

    私は、自分は「ワケあり」なんだと、わりとジメジメコンプレックスにまみれた20代の母親生活を過ごした。 
    まともに仕事できず、まともに子育てもできない若いだけの母親。「ワケあり」扱いされない人生ってどんなんだろうと夢想した。 
    どうせ結婚してもしなくてもワケありと言われる。でも日本社会の女って特に、結婚出産してしまった途端「一度社会的に死ぬ」んだなと思った。 

    ……最後の方はかなり感傷的に過ぎるけれど、そんな風に思い詰めちゃうこともあったわけよ、なんたって若いからさ! 
     40のBBAになったら色々ラクになった。周りがしたり顔であーだこーだ言い垂れようが、右から左ですよ。もう傷つきやしませんよ。 
    もういちいち動揺しないし、だまされないし、誰かの思惑通りになんかなってやりませんよ(笑)。 
    いま小さい子を育てながら仕事している若いお母さんたち。あなたは誰かの思惑通りになんかならなくていい。 
    その代わり、自分のアタマで考えて行動する。誰かに押し付けられたのではない、自分がなりたい姿を思い描く。 
    迷ったら迷ったなりに、でも思い描くことはやめない。それ、じつは子育てにも人間関係にも仕事にも、生きる上で大切な力なんだよね。 
    おばちゃんようやく学んだのよ、ちょっと時間かかったけど。 
    だけど今、WMに追い風は吹いている。踊るための舞台なんかあるわけもなく望むべくもなかった時代に比べれば、居場所が用意され制度があり、 
    応援してくれる政治と風潮がある。そんな環境なら、いっちょ踊りながら考えてもいいかもしれない。踊ってるうちに、 
    自分も子も社会も成長して、どうにかやり切れるかもしれない。 
    「明けない夜はない」なんて手垢のついた物言いだけど、生きてる限り人生ってどこかしらで収拾がつくのよ。 
    出産したからって「社会的に死ぬ」なんてことはなくて、結局しぶとく生き残れちゃうのが、女って生き物の強さなんだよね。

    この記事の続きを読む

    このページのトップヘ

    アクセスランキング