仕事辞めたい速報

仕事を辞めたい貴方のための仕事や職業に関する2ch、おーぷん2chのまとめサイトです。

  • Twitter
  • RSS

    タグ:厚労省

    もともと残業代なんてもらってねえよ


    1: 名無しさん@涙目です。 NG NG BE:123322212-PLT(13121).net

     厚生労働省は2018年度から、残業時間の削減に加えて休日も増やした中小企業に対して最大で200万円を助成する方針だ。
    現行の仕組みに比べて助成金は最大で4倍になる。19年度から残業時間の上限規制を導入するのを見据え、中小企業が
    長時間労働を減らす取り組みを後押しする。

     厚労省は長時間労働の是正などに取り組む企業を対象に、職場意識改善助成金を設けており、そのなかの「時間外労働
    上限設定コース」を大幅に拡…
    https://www.nikkei.com/article/DGXLASDF13H11_T10C17A9EE8000/


    2: 名無しさん@涙目です。 2017/09/14(木) 05:10:41.23 ID:PeX3MVoQ0.net
    助成金は誰がもらうん? 

    社長??

    58: 名無しさん@涙目です。 2017/09/14(木) 07:47:38.54 ID:f2ku3D9w0.net
    >>2 
    タクシー勤務だけど、乗務員がUVタクシーの研修受けたら助成金出たらしいけど乗務員には全く還元されてない 
    UVタクシーは小型で他に手数料的運賃取ってないがやることは福祉タクシーで手間ばかりかかるのに

    69: 名無しさん@涙目です。 2017/09/14(木) 08:00:25.97 ID:jwdAnZMC0.net
    >>2 
    雇用調整の助成金だって社員休ませてその分給料を減らして、助成金だけ会社がガメて社員には渡さないとこが殆どだろ

    この記事の続きを読む

    金をドブに捨てる気か

    1: かじりむし ★@\(^o^)/ 2014/06/15(日) 17:01:29.39 ID:???0.net
    目標2千人→実績1人…厚労省、転職支援でずさん助成金
    http://www.asahi.com/articles/ASG6G5FP3G6GULFA005.html
    朝日新聞 山本知弘、神山純一 2014年6月15日15時37分


     定年を控えた高年齢者を雇った企業にお金を出す厚生労働省の助成金で、2
    013年度の実績が2千人の目標に対し、わずか1人だったことがわかった。
    関連事業も含め約70億円の予算の99%が余ったが、今年度は予算を84億
    円に増やした。成長戦略で高齢者雇用に力を入れているためだが、過大な見積
    もりを前提とした「お手盛り」予算として批判を浴びそうだ。

     事業は「高年齢者雇用安定助成金」。65歳まで働ける場を増やそうと昨年
    度新設され、厚労省が独立行政法人「高齢・障害・求職者雇用支援機構(JE
    ED)」にお金を出し、二つのコースを委託している。

     定年を控えた転職者を、職業紹介会社を通じて1人雇うごとに企業が70万
    円もらえるコースでは、2025人分の利用想定に対し、今年3月までの実績
    はわずか1人だった。

     また、高年齢者が働きやすいように、負担を減らす設備を買ったお金などに
    最大3分の2を助成(上限500万円)するコースも、945件の想定に対し
    て実績は48件で、見込みの約20分の1に過ぎなかった。

     結局、両コースで使われたのは総額約4千万円。約70億円の予算のうち、
    99%超が余った。事業を担当する厚労省高齢者雇用対策課は「類似の助成金
    を参考にして予算を組んだが、初年度ということもあり、PR不足だった」と
    説明する。


    no title

    画像:高年齢者雇用安定助成金はほとんど使われていない

    元スレ:http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1402819289/ この記事の続きを読む

    シベリアでの仕事

    1: 夜更かしフクロウ ★ 2014/04/11(金) 23:13:44.66 ID:???

    http://careerconnection.jp/biz/tyosahan/content_1292.html

    厚生労働省は、求人票の記載内容について求職者から申し出や苦情が、2012年度に7783件あったと発表した。
    これを受けて、3月から「ハローワーク求人ホットライン」を開設し、防止策の検討や実施に活用する。

    ホットラインのウェブサイトに示された苦情の例は、以下のようなものだ。

    「求人票より低い賃金を提示された」
    「正社員と聞いて応募したのに、非正規雇用の形態だった」
    「『あり』となっていた雇用保険、社会保険に加入していない」


       形式重視で「実態を確認しない」問題も

    ネットでは、以前からハロワに掲載されている求人情報が劣悪であることが指摘されていた。
    ある女性は、ハロワから紹介された建設会社の事務職に応募したところ、面接で「実際に働く会社は関連会社」といわれ、事業内容を調べるとラブホテルだったという。

    「給与20万円から」の求人に応募したが、入社直後はアルバイト契約を求められ、1か月後に正社員になった後も給与は14万円だった、
    というような例も、求職者の間では「よくある話」とされているようだ。

    ハロワに無料で掲載されている求人情報の多くは、中小・零細企業に関するものだ。
    求人広告に費用をかけられないほど経営力に乏しく、経営者の法的知識も不足しがちな会社も少なくない。
    募集条件を正直に掲載しても人が集まらないため、虚偽の条件で魅力的に見せているのだろう。

    もちろん、職業安定法は、求人票は求職者に誤解を与えないよう「的確な表示に努めなければならない」と規定しており、罰則もある。
    ではなぜ、ここまで虚偽の求人票が放置されているのか。
    ハロワに求人を出した経験のある会社経営者によると、ハロワは書類の形式が整っていれば比較的簡単に受理してしまうらしい。

    違法な記述があれば修正が求められるが、会社の実態を厳しく確認されることもない。
    この経営者は、ハロワ側にも求人件数の目標があるので「甘い基準」で受理することもあるのではないか、と推測を語った。
    もしもこんなことがあるようなら、必死で仕事を探している求職者が救われない。


    (続きます)
    2: 夜更かしフクロウ ★ 2014/04/11(金) 23:14:52.87 ID:???
      「雇用契約書」の条件を確認して自衛を 

    虚偽の求人広告が取り締まりにくい理由は、もうひとつある。 
    それは「求人広告」と「実際の労働契約」は、必ずしも一致しなくてもよいからだ。 

    社会保険労務士の山際昌司氏は、カラクリをこう説明する。 
      「求人票は、あくまで『こういうふうな仕事の求人を募集しています』という予定の内容にすぎません。 
       必ずしも、この条件で契約を結ぶ約束をしている、というわけではないのです」 

    それでは求職者は、どのように悪徳な企業から身を守ればよいのだろうか。 
      「まずは雇用通知書の内容をきちんと確認することです。 
       求人票と違うところがあったら、その場で質問しましょう。 
       これで怪訝な顔をされるなら、どこかやましいところがある会社と考えてよいと思います」 

    契約をしてしまえば、求人票に何が書いてあっても、契約書の労働条件で合意したことになってしまう。 
    書類を確認する余地を与えず、「いますぐ判をついて提出して」と求職者側に即断を迫る場合も、怪しいと疑ったほうがいい。 

    さらに労働契約書の条件を守らない場合には、「労働者は、即時に労働契約を解除することができる」と労働基準法にも定められている。 
    約束が守られない場合には、退職の2週間前までに申し出る必要はないのだ。 
    そのうえで、社労士や弁護士などの無料相談を利用し、第三者に解決を図ってもらうという手もある。 

    山際氏によると「個別労働紛争のあっせん」という方法であれば、裁判ほどコストも時間もかけずに解決金の請求などができるという。 


    関連スレ 
    就労支援】“卒業後の就活”、「ハローワークが集中支援」--企業と面接会も [03/23] 
    http://anago.2ch.net/test/read.cgi/bizplus/1395583760/ 

    関連ページ 
    ハローワークでの求人票と実際の労働条件が異なる場合の対策を強化します ~3月24日から「ハローワーク求人ホットライン」を開設~ 
    http://www.mhlw.go.jp/stf/houdou/0000040696.html

    元スレ:http://anago.2ch.net/test/read.cgi/bizplus/1397225624/


    この記事の続きを読む

    このページのトップヘ

    アクセスランキング