仕事辞めたい速報

仕事を辞めたい貴方のための仕事や職業に関する2ch、おーぷん2chのまとめサイトです。

  • Twitter
  • RSS

    カテゴリ: ニュース・社会

    success or failure


    1: 海江田三郎 ★ 2016/12/10(土) 20:33:08.51 ID:CAP_USER
    http://japanese.china.org.cn/jp/txt/2016-12/08/content_39876457_3.htm
    韓国貿易協会国際貿易研究院は昨年、中日韓の若者の創業に関する報告書をまとめた。
    同調査によると、同じ首都圏の大学生であっても、卒業後に創業を希望する割合は
    中国が40.8%、韓国が6.1%、日本が3.8%となっている。おなじ東アジア諸国であり、文化・伝統にも多くの共通点があるにも関わらず、
    若者の創業への態度にこれほど大きな違いがあるのはなぜだろうか?

    中国人エコノミストの瞬雨氏は、「中国政府は『大衆創業・万衆革新』を力強く推進しており、
    中国の若者は創業はすばらしいことだと考えている。これにより、社会のブームが形成された。
    韓国と日本政府はこれをそれほど推進しておらず、助成策も多くない」と分析した。記者は取材を通じ、
    政府側以外の原因を目にした。生計を立てるのに忙しい韓国社会と、規則を重視する日本社会だ。

    (中略)

    創業を避ける理由
    なぜ創業しないのか?伊藤征樹さん(40)は2013年に創業を思い立ち、北京で日本の家庭料理を教える教室を開いた。
    伊藤さんは「規則を重視する日本では、通学、勤務、結婚、子育て、定年退職というレールが敷かれている。
    他人と異なることをすれば、おかしいと見られる。そのため日本の多くの若者は、創業という選択肢に思い至らない。
    両親は一生会社員で、創業者と接する機会がほとんどない。日本では、創業は危険なこととされている。
    頭のいい人が創業に成功しても、部下に創業を勧めることはなく、計画された仕事をしっかりやることだけを願う」と話した。

    「創業は危険」これは韓国KBSテレビの某番組が唱えた説かもしれない。同番組によると、
    中国の若者が創業に成功するまで「国と社会が許す失敗の回数」が2.8回であり、米シリコンバレーで
    創業する若者の失敗の回数と同等だという。日本は1回、韓国は1.3回。失敗できる回数が少なければ、挑戦できるチャンスが少なくなる。

    創業資金は、日本人の創業の難題となる。彼らはなかなか数百万円の融資を得られない。
    瞬氏は中国の状況について「若い世代の多くが甘やかされて育った一人っ子で、何をするにして
    も家族から支援を受けようとする。創業は金がかかる。ベンチャー投資はプロジェクトの成長期に介入しようとし、
    草創期の費用は自分で集めなければならない。若者は家族の支援がなければ困難だ」と指摘した。
    「2016年中国大学生就業報告書」のデータも、専門家の観点を裏付けている。2015年度卒業生の自主創業の資金は、
    両親・親戚・友人の投資、融資、個人の貯蓄が78%となっている。商業目的のベンチャーキャピタル、政府からの支援は5%未満と低い比率


    この記事の続きを読む

    カイジ


    1: 海江田三郎 ★ 2016/12/07(水) 19:49:16.44 ID:CAP_USER
    http://www3.nhk.or.jp/news/html/20161207/k10010798571000.html

    ことし5月以来となる党首討論が行われ、カジノを含むIR=統合型リゾート施設の整備を推進する法案などについて
    論戦が行われました。民進党の蓮舫代表が「ギャンブル依存症対策の説明もなく、強行採決して審議を進めており、反対だ」
    と主張したのに対し、安倍総理大臣は
    「IRは、カジノだけでなく劇場やテーマパークなどを備えた施設であり、投資や雇用の拡大につながる」という考えを示しました。

    (以下略)

    この記事の続きを読む

    辞令


    1: 海江田三郎 ★ 2016/12/10(土) 12:50:07.00 ID:CAP_USER
    http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20161208-00000006-pseven-bus_all


    転勤とは会社が当たり前のように命じ、社員は黙って従うものだった。ところが最近では、「転勤したくない」
    と言い出す若手社員が増え、転勤そのものが“ブラック企業の要素のひとつ”になっているという。

     男性42.7%、女性57.5%──これは転勤する可能性のある30~49歳の会社員のうち「できれば転勤したくない」
    「絶対に転勤したくない」と考える人の割合である。中央大学ワーク・ライフ・バランス&多様性推進・研究プロジェクト
    が2015年10月に行なった調査の結果だ。

     転勤したくない理由として、若手女性社員からは「交際相手と離れることになり、結婚が遠のく」(29歳・電機メーカー勤務)、
    男性社員では「将来、起業するために箔のつく会社に入っただけだから、転勤にはメリットがない」(30歳・総合商社勤務)といった声が聞かれる。

     驚くことに遠隔地への赴任が当たり前のはずの商社でさえ
    「海外に行きたくないという若手が現われて絶句した」(人事担当者)というケースが出てきている。
    中堅社員の間でも、傾向は同じだ。大手金融機関勤務の男性社員(37)がこぼす。

    「地方への転勤でも事前に会社からの打診は一切なし。前日に上司から突然いわれるのが慣例だから、
    家庭のある身には正直辛い。それでも、採用の時点で転勤について聞かれて『大丈夫です』といって入ったので、仕方ないですが……」

    ※週刊ポスト2016年12月16日号

    この記事の続きを読む

    電通 強制捜査


    1: 海江田三郎 ★ 2016/11/08(火) 20:45:49.83 ID:CAP_USER

    http://www.fnn-news.com/news/headlines/articles/CONN00341239.html

    1カ月に200時間近く残業をしていた可能性のある社員も、いることがわかった。
    厚生労働省の労働局は、7日、違法な長時間労働で大手広告代理店「電通」の本社や支社に、家宅捜索を行った。
    関係者によると、入退館記録などを調べた結果、1カ月の間に法定の労働時間以外で会社に残っていた時間が、
    200時間を超える社員もいたということで、このうち何時間が「残業」にあたるか、くわしく調べるとしている。
    電通本社では、30人以上の社員が実際より100時間以上も残業時間を少なく申告していたこともわかっている。
    労働局は、今後、電通幹部などを事情聴取する方針。

    この記事の続きを読む

    渡邉美樹


    1: アルゼンチンバックブリーカー(秋田県)@\(^o^)/ 2016/04/12(火) 21:23:37.06 ID:jJidpJ670●.net BE:194767121-PLT(13001) ポイント特典

    ワタミ創業者の渡邉美樹氏が、この春ワタミに入社した新人に贈った言葉が話題となっている。渡邉氏は、4月11日に
    フェイスブックを更新。「昔と違うだろ…と言われるかもしれませんが」と前置きし、こうメッセージを贈った。

    「仕事と向き合いはじめ、辛く無理だと感じた時は、無理と言っていいから。かならず言ってくれな」


    2: 魔神風車固め(やわらか銀行)@\(^o^)/ 2016/04/12(火) 21:24:26.69 ID:yrs18RuN0.net
    無理だという概念がまだあるから限界を感じるんだよ

    145: リキラリアット(大阪府)@\(^o^)/ 2016/04/12(火) 23:22:57.93 ID:SiQ3fy5O0.net
    >>2 
    コイツが言ってたのってこれだよなw

    4: フランケンシュタイナー(茸)@\(^o^)/ 2016/04/12(火) 21:24:45.47 ID:dgHXeVeW0.net
    無理というから無理なんです

    7: フェイスロック(福岡県)@\(^o^)/ 2016/04/12(火) 21:24:59.85 ID:2cTY3Prd0.net
    一応は言うわな

    この記事の続きを読む

    1: 野良ハムスター ★ 2016/04/12(火) 12:55:04.47 ID:CAP_USER*.net
    依頼先には2人以上のチームで駆け付ける。現場に着くと、まず依頼者にあいさつと自己紹介。事前の打ち合わせを済ませているリーダーが、メンバーに対し作業の分担やひと通りの流れ、目標終了時刻を説明して作業に入る。

    段取りを確認したら、後は集中してただただ草をむしり、刈り取るだけ。草刈り機やねじり鎌、草かきなどの道具を駆使して、ひたすら庭をきれいにする。「どんなに広い現場でも1日で終わらせます」。庭などの草むしりや庭木の剪定(せんてい)などを行う会社「草むしり」(群馬県前橋市)代表の宮本成人さん(51)は胸を張る。

    世の中には、思いもよらない仕事が、起死回生の一手となることもある。宮本さんの草むしり会社は、まさにそんなケースだった。

    長野市の専業農家に生まれた宮本さんは、大学卒業後、地元に戻って就職。しかし、「少し嫌なことがあると、投げやりになって辞めていた」。気がつけば、約20年の間に8回も職を転々としていた。その間、転職先の関係で群馬県高崎市に引っ越し 、気が付くと43歳。「普通のサラリーマン人生を送るはずが、なんでこうなっちゃったんだろう」とがくぜんとした。8回の転職経歴は履歴書に書きにくい。お金もない。まさに“どん底”だった。

    そんな時、友人から誘われた植木屋のアルバイトで人生が変わった。それまで飲食業で働くことが多かったという宮本さん。植木の剪定という外で体を使う仕事は新鮮で、汗が心地よかった。「お庭がきれいになって、お客さまが喜んでくれて、お金ももらえる。すごくいいなあ」。生活のために嫌々始めた仕事だったはずが、アルバイトに行くのが楽しみになった。

    しかし、植木屋の仕事は年末にはほとんどなくなってしまう。再び職を失い落ち込む宮本さんに、友人がこうアドバイスした。

    「草むしりをしてみたら?」

    「43歳で手に職もないし資格もない。人脈もお金もない。人に使われるのも嫌。やるしかなかった」(宮本さん)。こうして、お隣の前橋市で草むしり会社を設立。2009年1月のことだった。

    当初の営業範囲は、関越自動車道の前橋インターから半径2キロ(現在は5キロ)に設定。道も町の名前も分からない中、毎日手作りのチラシをまき続けた。まずは自分を知ってもらおうと、チラシには顔写真やプロフィルを掲載。そうするうちにぽつぽつと依頼が寄せられるようになり、年末には目標の100件を達成した。

    とはいえ、軌道に乗せるのは簡単ではない。100件の顧客が、次も頼んでくれる保証はない。収入も低い。「先が見えない中、果たしてこれで生活できるのか、とすごく不安だった」という。

    不安が解消されたのは3年後。顧客は約400件に増え、「これはいける」と確信した。草むしりで困っている人はたくさんいて、リピート率は約90%になっていた。それからは毎年約100人ずつ顧客が増えていき、現在では約700件に上る。(>>2に続く)

    この記事の続きを読む

    このページのトップヘ

    アクセスランキング